『動物園の歴史』

博物館史研究をはじめた頃、佐々木時雄の『動物園の歴史』を探していたことがあった。何か特別な目的があったわけではなく、博物館史研究の、当時はまだ数少ない1冊であり、必読文献と思ったからだろう。しかし、西…

ひらけ、博物館

金子淳さんの『博物館の政治学』の書評を書いていたら、やっぱりこれの書評をしなければ、ということになったのが伊藤寿朗さんの『ひらけ、博物館』。ブックレットなので、一見書評する本、という感じではないのだが…

ブルーライト・ヨコハマ

神奈川大学21世紀COEプログラム「人類文化研究のための非文字資料の体系化」、実験展示班公開研究会「学芸員の専門性をめぐって」、第2回「今後の博物館活動と博物館学の方向性」に参加する。いろいろ思う。

ズガガガガガガガ

26日横浜、とある集まりで報告することになっていて、なにをどう喋ろうかと思っていたときに浮かんだ二、三のフレーズ。そのうちひとつの出典が手許に見あたらないことは、以前から気づいていたので、この機にもう…

菜虫化蝶

過日、太田岳人「イタリア・ファシズム政権期の「新しい人間/男性」の表現」に接し質した際、例示されたなかにカンディンスキー。一気にとぶが、1987年、東京と京都の近美で開催された「カンディンスキー展」は…