Manzanar’s Visual Education Museum

*Manzanar National Historic Site の Facebook ページから引用。邦文は機械訳。 https://www.facebook.com/141118789261169/posts/5079138852125780/?d=n
While many Japanese Americans incarcerated in Manzanar — people who had lost houses, businesses, and access to savings when the U.S. government forced them from their homes in Spring 1942 — struggled to afford Christmas gifts, those who had a little extra money on hand could purchase unique gifts from a surprising place: Manzanar’s Visual Education Museum.

The museum was located in Building 15 of Block 8 (“8-15”) and was directed by Kiyotsugu Tsuchiya, with help from people like artist Kango Takamura and photographer Toyo Miyatake. Over the three years it was open, the museum featured everything from an exhibit of Ansel Adams’ photographs of Manzanar, which would form the 1944 book “Born Free and Equal,” to the Christmas Shopping Exhibit.

Look through the images below to learn more about this exhibit, and other 1943 Christmastime goings-on in Manzanar.

——–

(機械訳)
マンザナーに収容されている多くの日系アメリカ人──1942年の春にアメリカ政府が彼らを強制的に家から追い出したとき、家やビジネス、貯金へのアクセスを失った人々──はクリスマスプレゼントを手に入れるのに苦労したが、少し余分なお金を持っていた人々は、驚くべき場所、マンザナーの視覚教育博物館からユニークな贈り物を買うことができた。

ミュージアムは8街区 15号棟(8-15)にあり、ツチヤキヨツグ氏が館長を務め、作家のタカムラカンゴ氏や写真家のミヤタケトウヨ氏らの協力を得ていた。開館から3年間、博物館は、1944年に「Born Free and Equal」として出版されたアンセル・アダムスのマンザナーの写真展から、クリスマス・ショッピングの展示まで、ありとあらゆるものを特集していました。

下の画像を見れば、この展覧会やマンザナーで開催されている1943年のクリスマスイベントの詳細が分かる。


シカゴの Art Institute で学んだあと、1924年から1940年にかけてジョージ・F・ ハーディング・ジュニア氏の博物館のキュレーターをつとめたツチヤキヨツグ氏(1900-1990)が、マンザナー強制収容所に収容されたのち、収容所所長の要請を受け館長として活動した「視覚教育博物館」。コミュニティは、「どのくらい投獄されるかわからなかったので、住民は子供たちが外界を「見る」ための教育リソースとして博物館が必要だと感じた」(https://www.oakpark.com/2015/12/22/where-life-leads-us/ ) という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。