プリンストン大学とペンシルベニア大学の人類学者たちが、子どもたちのひとりの骨を、家族たちに知られずに持っていたことが、2021年4月、明らかになった。

#repost@workingclasshistory
・・・
1985年5月13日のこの日、フィラデルフィア警察は黒人解放と環境活動家グループMOVEの家を自動小銃で攻撃し、爆弾を落として大人5人と子ども6人を殺害し、圧倒的に黒人が多い地域の61軒の家を破壊し、250人をホームレスにした。
約500名の警官が女性や子どもでいっぱいのこの家に1万発以上の銃弾を発砲し、別の警官が爆発物で壁に穴を開けた。警察のコミッショナーはその後、家を爆撃するように命じ、彼らはFBIから与えられたC 4で作られた即席のデバイスを使用していました。
爆発とその後の火災で生き残ったのはラモナ・アフリカとマイケル・ワードの13歳の二人だけで、当局者は起訴されなかったが、ラモナ・アフリカは暴動と共謀罪で7年間投獄された。この事件は、フィラデルフィア初の黒人市長Wilson Goode氏の在任中に発生した。
殺害された子どもたちの名前は、カトリシア・ドットソン (ツリー) 、ネッタ、デリチア、フィル、トマサ・アフリカで、大人は、ロンダ、テレサ、フランク、CP、コンラッド、ジョン・アフリカでした。
2021年4月、プリンストン大学とペンシルベニア大学の人類学者たちが、家族に知られていない子どもたちの骨を持っていたことが明らかになった。

#repost @workingclasshistory
・・・
On this day, 13 May 1985, Philadelphia police attacked the home of Black liberation and environmentalist group MOVE with automatic weapons, then dropped a bomb on it, killing five adults and six children, destroying 61 homes in the predominantly Black neighbourhood, and making 250 people homeless.
Almost 500 police officers fired over 10,000 rounds of ammunition into the house, which was filled with women and children, while other officers blew holes in the walls with explosives. The police commissioner then ordered the house to be bombed, which they did using an improvised device made from C4 given to them by the FBI.
Only two people survived the blast and ensuing fire: Ramona Africa, and Michael Ward, aged 13. While no officials were prosecuted, Ramona Africa was subsequently jailed for seven years on riot and conspiracy charges. The incident occurred during the tenure of Philadelphia’s first Black mayor, a Democrat named Wilson Goode.
The children killed were named Katricia Dotson (Tree), Netta, Delitia, Phil, and Tomasa Africa and the adults were Rhonda, Teresa, Frank, CP, Conrad, and John Africa.
In April 2021, it was revealed that anthropologists at Princeton and the University of Pennsylvania had the bones of one of the children, unbeknownst to the families.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です