国立科学博物館「エクアドル蛮人首剝製」のために(その1)

上野の国立科学博物館にある「エクアドル蛮人首剝製」等のために。くわしくは次回に。

「何十年ものあいだアメリカの大学によって持たれた儀式の干し首が、どのようにしてようやくエクアドルに返されたか」

「ジョージア州メイコンにあるマーサー大学の研究者たちは、CTスキャンを利用して、南アメリカの儀式である 「ツァンツァ」 が本物であることを証明した」。

https://www.theartnewspaper.com/news/how-a-ceremonial-shrunken-head-held-by-a-us-university-for-decades-was-finally-returned-to-ecuador

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。