反観光

この件も含め博物館史研究の事項が通俗化するのは大慶として、周年記念や訃報の目立つ昨今、並べて商業の観光資源と言うのであれば、反観光が出来してくるのは自然であろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。