略奪文物も返還文物も

略奪文物返還と博物館との接続はむかしからあるお話で、それにアメリカのコミュニティミュージアム論が現代風に敷かれている模様。興味深いけれども問いは、文物は、略奪によっても、返還によっても、博物館にゆく、という「構造」に対してだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です