ナイトミュージアム


既視感あり。俗に、かのナイトミュージアムの再生産だが、動物園水族館関係者のとある集まりは、開催館の水槽の前で懇親会を催して魚料理に舌鼓を打ったとか。またもっとむかしに、新京動植物園で開かれた満洲生物学会の集まりは、同園のダチョウの卵で巨大な卵焼きだったか目玉焼きだったかを作り会員で食したことも。

ミュージアムの秘密がなくなってゆくようでいて、実は決してあかされることのない秘密があったり、新しい秘密の生産がおこなわれているのは言うまでもないことである。

それにしてもお高いこと。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1168334

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。