「プロテスト・アート」の先をゆく


(機械訳)英国が植民地主義と奴隷制の歴史を考慮するよう求められているときに、英国人がブラックネスとブラックアーティストの作品をどのように理解しているかを探る、英国博物館での3つの展示。
・・・・・・・・・・
黒人アーティストたちが英国の展覧会で 「抗議の芸術」 の先をゆく
ターナーコンテンポラリーギャラリーでは、米国の公民権運動を探る展示と、地元のコミュニティでインスピレーションを得たコンテンポラリーブラックブリティッシュアーティストによる2つのインスタレーションをホストしています。


差別/反差別を主題にする展覧会を、この国の一般博物館(専門博物館ではないという意味。スペシャルの図書館とジェネラルの図書館を想起)は可能とするだろうか。文化に矮小化し落とし込めることなく、政治、経済のそれとして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。