アフリカ系アメリカ人が白人中心の郊外に家を買ったとき、白人の家族が徐々に引っ越していくのは珍しいことではなかった。

場所を主題にすれば、「町の変遷」「ニュータウンの移り変わり」のような地理学(的な社会学)の装いの、地域博物館や教科書にありがちなそれとなろうが、人を主題にした、直截に人類学、社会学、政治学、経済学である。アイヌ民族に関するナショナルミュージアムは、この記事があつかう事項にかかる資料の収集・保管、調査・研究、公開・教育をしているのだろうか。
── 民族に関するナショナルミュージアム随想(1)


(機械訳) 1900年代のほとんどの間、アフリカ系アメリカ人の大多数は、南部の田舎か北部の都心部に集中していた。しかし、約1970年までには、黒人人口の半数以上が南部以外に居住し、アフリカ系アメリカ人10人のうち8人が都市部と郊外に居住していた。「都市は黒人の土地だ」とデトロイトの急進派C.L.Rジェームズとグレース・リー・ボッグズは宣言した。アメリカの大都市圏は黒人の生活の坩堝となった。

白人が都市部を離れるにつれて、不動産の価値は下がった。中流階級の黒人も引っ越し始めた。郊外では、中流階級のアフリカ系アメリカ人がいまだに低所得者層に近い地域に隔離されていることが多かった。アフリカ系アメリカ人が白人中心の郊外に家を買ったとき、白人の家族が徐々に引っ越していくのは珍しいことではなかった。#APeoplesJourney#ANationsStory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です