博物館の歴史と構造

米国の博物館の教育活動に関する日本語論文(1984年調査、1986年刊)を再読する。ただいまの疫病禍における、同国博物館の教育活動に関する英語報文が伝えるところとの差異を確かめるためにである。構造は変わっていない。ここに軸を据えてよいように思われた。かの博物館論とも、興業意見の選択とも通じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です