アイヌ民族に関するナショナルミュージアム(補遺)

ナショナルミュージアムは歴史的に、省庁の分掌に対応して構想、設置されてきた。(言わずもがなだが。)変遷を考慮しないでランダムにあげれば、文部省に教育博物館、宮内省に帝室博物館、陸軍省に遊就館、厚生省に昭和館、という具合にである。鉄道省の交通博物館、逓信省の郵便博物館のようなものもあっただろうか──。歴史的に見れば、このたびのアイヌ民族に関する博物館は「異質」でない。したがって、日本における朝鮮・韓民族、漢民族に関するナショナルミュージアムも成立するのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です