生きられたミュージアム

とでも名指されるだろうか。

30年前とくらべてエデュケーターは、変容しながら、位相は変わらない。変わらないから変容するのだろう。

(機械訳)しかし、問題は経済的なことだけではありません。フリーランスの教育者は、博物館の圧倒的に白人の職員よりも人種的、民族的に多様な傾向があります。Latinxの研究者であるArleneDávila氏は、オンラインアート誌Hyperallergicに、「MoMAが教育者を解雇したことで、芸術・文化部門の多様性がこの危機の犠牲になっていることが明らかになるのではないかと懸念しています。」と書いている。6月に博物館がBlack Lives Matterを支持する声明を発表した際、批評家たちは言葉と行動の間のギャップについて批判した。

(機械訳)実際、多様性の問題は、教育者自身だけでなく、その対象者にも及びます。MoMAに解雇された人々は、そうでなければ博物館とあまり交流しないであろうニューヨーカーたちとのつながりを維持していた。非営利団体Housing Worksのアート・セラピストKimberly Michaudは、彼女の団体のMoMAとの長期にわたるパートナーシップは、彼女のクライアントにとって非常に価値があると言っている。「それはまるで、ミシェル・オバマからの個人的な手紙か何かを受け取ったかのようです。」と彼女は言う。「それは本当に特別な関係です。」

https://www.theartnewspaper.com/analysis/moma-axes-art-educators-amid-funding-squeeze

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。