学芸員養成課程のこと

きょう、とある大学が学芸員養成課程を廃止する旨聞こえてきた。

検索するとそういうケースはままあるようだが、大学が学芸員養成課程を設けてきたのは、学生集め(集客)のためであり、費用対効果(コスパ)が悪いとみなされれば、気が他に移るのは当然である。集客へコスパへと草木も靡く今の世だから、余計にそう。

まず言っておこう。そのような段になってあれこれ書く養成課程の既存の教員たちは、しょせん業績作りの自己保身でしかない。じぶんたちで現下の状況を作ってきたという自覚があるのだろうか。

たとえば、学芸員およびその養成に求めてきた「高度で専門的な」というスローガンは、「低度で一般的な」学芸員およびその養成を排除するのが道理である。都美から民博へ遍歴した某などは、学芸員の専門性と専門制を混同して、以前から差別的なことを曰っていたが、それが斯界のポテンシャルなのである。こういうのを打倒する気はあるのか?ということ。

とは言うものの、「スペシャリストではなくゼネラリストを」と言ったリベラルな博物館人の訴えがあったことも確か。博物館の良心として私は、正しく記憶していたい。

言わずもがな、一線級の「高度で専門的な」人たちは学芸員にはならない。その残滓の一部が学芸員になる。研鑽を積み(業績をあげ)、うまくやって(縁故で)一線級に成り上がる輩も若干いるにはいる。

残滓が「高度で専門的な」かと言えば、そうではない。決定するのは物量。すなわち人口圧。「石を投げると○○大出身者に当たる」と言われる大手の学芸員養成課程が東西にあるが、そういう、ほんの近代でしかない「伝統」性が支配してゆく。弱小の地方私学の学芸員養成課程など、泡沫のアクセサリーである。

そういう私も、かつて学芸員養成課程を担当した。あの大学は、まだそれをやっているだろうか。調べる気もないが、やっていてもやっていなくても、博物館研究には関係のない些事である。

きょう聞こえてきた冒頭の大学。私が出講していた大学よりずっと歴史も質もあったのに。嗚呼無常。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です