「木村伊兵衛の13万コマ~よみがえる昭和の記憶」

NHK教育テレビ・ETV特集「木村伊兵衛の13 万コマ~よみがえる昭和の記憶」の再放送を視る。語るとその途端にボロボロこぼれ落ちてしまう感が否めないのは必定だが、とりわけてテッサ・モーリス・スズキのコメントはよろしくなかった。初めて木村の写真を見た彼女のコメントである。アーティストではないスズキが動員できるコメントは、およそステレオタイプなそれであった。いつでもどこでも通用するコメント。制作者側の問題とも言える。「チャット」によるインタビューがということではなく、この部分は安普請な演繹ショーだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。